コラム 知って得する!◯◯の話!

2018年01月23日(火)

空間演出のためのプチDIY ウォールシェルフ その①

はじめまして!
DIYホームセンターハンズマンです。
鹿児島県では、鹿児島市宇宿の「宇宿店」、霧島市の国分駅そばの「国分店」の2店舗を構えさせていただいています。
従業員の手作りによる店内ディスプレイ、お客様の必要な数だけを「バラ売り」する販売体制、お客様のご要望商品を導入した1店舗あたり22万アイテムの品揃えが、ハンズマンの主な特徴です。
吹き抜けの店内に、日用品・インテリア・収納用品・文具・カー用品・ペット用品・園芸用品・DIY用品・エクステリアなど、暮らしと住まいのさまざまなアイテムが、豊富に、お求めやすい価格で揃っています。
 
もうすぐ立春ですが、寒さはまだまだ本番。室内で過ごす時間が長くなる季節です。
そこで、今回は、室内をより自分好みの空間に演出する簡単なプチDIYのアイディアとアイテムを、ご紹介します!

「見せる収納」の基本!人気のウォールシェルフ
 
  ハンギングシェルフ3.jpg
 

家具類の配置換えや工事など大がかりな事をせずに収納スペースがほしい時、まず便利なのが、壁面を有効活用できるウォールシェルフです。

 

シェルフを配置する場所や、シェルフの上で物をどう見せるかが、インテリアセンスの見せ所!
「見せる収納」から「魅せる演出」へと姿を変えた、小さめウォールシェルフに、お気に入りの雑貨をディスプレイして、カフェのような雰囲気をおうちで楽しむ人が増えています♪

 

DIY(自作)するより安い!
ハンズマンの「木製ハンギングシェルフ」

ウォールシェルフは、もちろん、ご自分で作る事もできますが…
DIY(自作)するより安く、取付も簡単で、使わない時は折りたたんでおける、便利なハンギングタイプのウォールシェルフ製品をハンズマンが作っちゃいました!

 

簡単に設置できる構造。そして、気分が変わった時や模様替えの時には、簡単に取り外せます。

味のある色合いは、飾るだけでお部屋の雰囲気が一変します! 

ハンズマンネットショップでも販売中
 

味のあるアンティーク風ハンギングシェルフがこの価格!

 
押しピンなどで壁に掛け、お好きな雑貨をディスプレイしてインテリアをおしゃれに演出できる、こちらのハンギングタイプのウォールシェルフが、税抜390円から!
まずは安さに驚く、天然木にビンテージ加工を施した
ハンズマンの「木製ハンギングシェルフ」はこんな仕様です。
(写真:ハンズマン店舗売場のディスプレイ)

ディスプレイに最適な3サイズ




サイズごとに、横幅が違います。
■幅35cm×奥行100×高さ120cm:税抜390円(税込421円)
■幅45cm×奥行100×高さ120cm:税抜590円(税込637円)
■幅65cm×奥行100×高さ120cm:税抜690円(税込745円)


板厚:約1cm
重さ:約200g
材料:杉
塗装:ラッカー塗料

こちらと同じ物をDIY(自作)した場合…、この価格ではとても完成しません!
ハンズマンスタッフも驚く安さです!!

簡単に取付できる折りたたみ式

両方の棚受け部分をパタンと起こして立てるだけで、ハンギングシェルフが完成!
立ち上がった棚受けを支えにして、壁に押しピンなどで掛けて取り付けます。

必要なパーツがすべて一体になっているので、収納・持ち運び時に部品がバラバラになる心配もありません。
収納性・携帯性があって、こんなに簡単なワンステップで完成する木製ウォールシェルフなんて、なかなかありませんよね!

固定ではなく押しピンなどで掛けるだけで飾り棚になるので、気分や演出のしかた次第で気軽に掛けたり外したりでき、外した後も棚受け部分をたためばスマートに収納できちゃいます!


金具もアンティーク加工

本体にあわせて、金具ももちろん、アンティーク加工。
それぞれの本体カラーにあわせた加工具合で、本体によくなじんでいます♪

この金具を使って、押しピンで壁に掛けるだけ!

植物などを飾るときは、土が水を吸って重さが増していたり、重さのある鉢だったりすると、ハンギングシェルフが重みに耐えられず落ちてしまうおそれがあります。
載せる前に強度を確認して、過度に重たい物は載せないよう、お気をつけくださいね。

しっかりと固定してハンギングシェルフの強度を高めたい場合は、押しピンではなくネジやビスのご使用をおすすめします!

次回はウォールシェルフ、ハンギングシェルフに合う飾りピンをご紹介します!